茨城県守谷市松前台の交通事故治療・小顔矯正・整体 [まつまえだい接骨院]


骨盤・股関節矯正スクワット

2019-07-15

こんにちは!まつまえだい接骨院です

以前に何度か投稿させていただきましたが、お客様のリクエストが多かったので再度投稿させていただきます。(^_-)-☆

 

この季節、体を動かす事があまりできず体を支える大きな筋肉が衰えがち

湿邪による体調不良もみられます。

そこで、家でも出来る運動!「スクワット」です

 

「スクワットは、きちんとしたフォームで行えば非常に優れた運動」ですが、その一部をご紹介したいと思います。(写真付き!)

【一般的なスクワットは?】

足幅を肩幅に広げ、ゆっくり足を曲げていき、踵重心で膝がつま先より前に出ないようにします。

 

この時に力が入るのが太ももの前側、お尻になります。

 

筋肉に対しての力の入り方は良いので、ただ筋力をUPしたい人には問題ないのですが、骨盤・股関節の角度が問題になります。

 

必ずしもではないのですが、ほとんどの方が前から見た時に骨盤が開いていて、股関節も外側に広がっていて股関節の角度が内側に(内旋)向かっています

 

この状態で一般的なスクワットをしてしまうと、骨盤はさらに広がり股関節の内旋もさらに強くなります。

結果、腰痛・股関節痛を更にひどくさせるのです。

 

s_5245683995099s_5245683951621

【骨盤矯正の正しいスクワットのやり方は?】

足幅は肩幅よりも、やや広め。つま先は、やや外側に向ける。

 

膝を曲げていく時に真っすぐに下に腰を落とすのではなく、股関節を外側に広げていく感じで膝を曲げていく。

 

足の重心は、小指側の踵にのっていく感じで。

 

この時に上体は前かがみになってもよいので、猫背にならないよう真っすぐに

 

限界まで落とせたら、ゆっくり戻していく。

 

この時に股関節を内側に寄せる感じで骨盤を閉じる

 

これを15回~20回くり返す。

s_5245683940385s_5245683969758

分からないことがあれば、どうぞご相談下さい。

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です