茨城県守谷市松前台の交通事故治療・小顔矯正・整体 [まつまえだい接骨院]


梅雨!胃腸のトラブル

2019-07-07

梅雨時期の“湿邪”の状態は、胃・脾が弱りやすく、この2つが非常に関係しています。湿邪

この季節は東洋医学では脾・胃に関係し、体内の水はけが悪くなり、代謝が落ちやすくなります。

湿度が高く、体内に水がたまり、体がだるくなるのです。

 

いわば、洗濯したての洗濯物のようになかなか乾かない状態で、湿気ぽくなっています。

この状態が、私たちの体でもおきているのです。

 

体内の胃腸の中に水分が溜まりすぎて、流れていない状態になり〈お腹が冷える〉〈胃の調子が悪い〉など胃腸周辺のトラブルが起きやすいのです。

 

では、どうしたらいいのか?

 

体内に水分が溜まっているとはいえ、水分はたくさん摂取する必要があります。水 画像

 

入れて→出す

これをくりかえします。

 

もちろん、自宅ではお風呂の中でストレッチをしたり、散歩に行きふくらはぎ(脚のポンプ)を働かせて、代謝を上げる必要性があります。

 

水分補給は十分に!

そして、適度な運動をすることをお勧めします!

 

湿邪で、お困りのときは、どうぞまつまえだい接骨院にご相談ください。

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です