茨城県守谷市松前台の交通事故治療・小顔矯正・整体 [まつまえだい接骨院]


梅雨時期は体調を崩しやすいのか?

2016-07-31

院長 野口です。

3日前に、やっと関東も梅雨が明けました(^^♪

うっとうしい梅雨時、湿度が高い時は体調が悪くなりやすいですよね?

足が痛い、腰が痛い、肩がずーんと重い、頭が重く頭痛がひどい・・・など色々な症状が出ます。

 

梅雨明け前に「原因が分からず、何日も前から腰が重くて体がだるい…」という患者様が来院されました。

検査をさせてもらったのですが、骨格の歪み等はあまりなく、これといって大きな原因はありませんでした。

湿度・気温の関係?と思い、そちらの治療(東洋医学的なツボを使うマッサージ)をメインにやってみました。

梅雨時期は東洋医学でいう『脾』という経絡(ツボ)を使いマッサージします。湿邪(しつじゃ)という症状が出てきやすく、肩が凝る、冷える、むくむ、だるい、重い などの症状が出やすいです。

結果、施術後、みちがえるほど患者様の調子が良くなりました。

では、なぜ湿度が高くなったり、低気圧の時は体調を崩しやすいのか?

まず湿度が高くなると筋肉の緊張・こわばりが出やすいので身体の柔軟性が失われます。よって、ちょっとした動きにより足がつったり、関節の動きが悪くなり痛みが出やすくなります。

気圧が低くなると、自分の身体の血流を一気に良くしようとするので、その時に体調を崩しやすくなります。

そんな時には、当院の『高濃度酸素オイルによる O₂整体』が、とてもお勧めです。

高濃度酸素オイルにより、浸透した酸素は酸素不足で凝り固まった筋肉に到達し、乳酸を分解します。

乳酸が分解されることで筋肉がほぐれ、圧迫されていた血管やリンパが解放され、滞っていた流れが回復することで冷え性やむくみなどが改善し、マッサージ効果をより高め、早期回復へ導きます。

ぜひ、お試しください。

画像マ~1

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です