茨城県守谷市松前台の交通事故治療・小顔矯正・整体 [まつまえだい接骨院]


大腰筋が弱ると

2017-10-22

人は歩くときにまず、足を持ち上げてから第一歩目を踏み出します。

足を持ち上げるとき、最初に動き始める筋肉が大腰筋という筋肉です。

この大腰筋という筋肉は背骨から足の上部までつながっており、上半身と下半身をつなぐとても大きい筋肉なんです。

なので大腰筋が弱くなると足を持ち上げづらくなり、歩くときにつまずきやすくなる、といった症状がでてきます。

26

お年を召した方が歩いていてよく躓き転倒しやすくなるのは、主にこの大腰筋が弱って足があげづらくなるからなんですね。

私は毎日歩いてるから大丈夫! という方がおられますが、この大腰筋、歩いたり走ったりという動きでは鍛えることが難しい筋肉なんです。

 

 

その他にも大腰筋が弱ると様々な症状を引き起こします。

 

  • 骨盤の歪み    大腰筋は骨盤をベルトのように支えて骨盤を正しい位置に固定する作用があるので、弱くなってしまうと骨盤が支えられず歪みを起こしやすくなってし           まいます。また、骨盤の歪みにより、肩こり、腰痛、むくみなどの症状も出てくる可能性があります。

 

  • 冷え、太りやすい、痩せにくい  インナーマッスルは脂肪を消費し熱に変えるので脂肪を消費できず、基礎代謝が下がってしまいます。

 

  • 腰痛       大腰筋は背骨にくっついているので弱り、硬くなると背中が引っ張られ腰痛を引き起こします。

 

大腰筋(インナーマッスル)を効果的に鍛えるトレーニングとしてヨガや太極拳など持続的に負荷をかけ続けるようなトレーニングが有効ですが、しっかり鍛えるとなると数年かかります。

 

最近はインナーマッスルを電気で刺激して鍛えるとうたったEMS装置もありますが、そういったものは表面のアウターマッスルは効果的に鍛えられますが、奥にあるインナーマッスルを鍛えることが出来るものはほぼないかと思います。

 

当院では大腰筋、インナーマッスルを鍛えるのに医療用のEMS(キュアフィット)をつかって鍛えてゆきます。

医療用EMSは世界9か国で特許を取った特殊な波形を使い、体の奥の筋肉を直接動かすのでとても効果的にインナーマッスルを鍛えられます。

多少個人差はありますが、ヨガ、太極拳では3~5年かけて鍛えられる筋肉が、たった3ヵ月で鍛えられます!

大腰筋を鍛え、柔軟性が出ると足があげやすくなるので、スポーツをされている方はパフォーマンスアップも期待できます!

さらに、特殊な岩盤シートで身体を温めながら鍛えてゆくので、冷えにも効果的で効率的に体を絞ることができるので痩身効果までも期待できます!

 

インナーマッスルを効率的に鍛え、体質改善をしながら冷え、腰痛、肩こり、痩身、スポーツパフォーマンス改善までできるキュアフィット。

 

気になる方はお気軽にスタッフまでお声掛けください!

 

 

 

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です