茨城県守谷市松前台の交通事故治療・小顔矯正・整体 [まつまえだい接骨院]


いつまでも腰痛が治らない「悪い姿勢」5つ

2016-08-12

あなたは今、慢性的な腰痛に悩まされていませんか?

既にご存知の方は多いと思いますが、悪い姿勢も痛みの元凶です!

 

正しい姿勢に変えれば、腰痛は予防できます。

痛みにつながりやすい悪い姿勢とは、どんな姿勢でしょうか?

猫背だけではないので、しっかりチェックしてみてください。

 

 

■放置すると腰が痛くなる”悪い立ち姿勢”5つ

(1)ねこ背タイプ

腰痛001-018.indd

背中から腰にかけて丸まって前かがみになるタイプです。

あごが前に出た、典型的なストレートネックです。重心が前にかかりすぎて首、腰への負担が大きくなっています。

 

(2)下腹が前に出るタイプ

腰痛001-018.indd

上体の重心が後ろに倒れて、ひざを曲げてバランスをとっています。腰、ひざの関節が傷みやすくなります

 

 

 

(3)腰が反り過ぎタイプ

腰痛001-018.indd

 左右の肩の高さがそろっていません。左手側に腰椎が傾き、ヘルニアを起こしやすくなります

 

 

 

(5)前後にねじれているタイプ

腰痛001-018.indd

体が前後にねじれて、左肩が前に出ています。

背骨がねじれてどこかに負担がかかります。スポーツ選手のほか、同じ作業で長年仕事をしてきた方に多く見られます。

 

 

 

■自然と腰の痛みが改善していく正しい姿勢

それでは、どんな姿勢が正しいのでしょうか?

ポイントは後頭部、肩甲骨、お尻の仙骨、そしてかかとが一直線になっていることです。

壁に沿って立つか、姿見に映して自分の姿を見てみてください。

腰痛001-018.indd

背骨がきれいなS字カーブを描いているのが正しい状態です。

背骨は、7個の頚椎、12個の胸椎、そして5個の腰椎でできています。

首が前に出たり後ろに沿ったりして姿勢が崩れて、カーブが乱れると、頭の重さが脊髄のひとつひとつに負担になってしまうのです!

 

人間の頭は約7キロもあります。支える重量が大きくなれば当然、背中の筋肉や組織が慢性的に緊張しっぱなしになります。これが腰痛の原因なのです!

 

正しい姿勢を維持するために、頭は真上から引っ張られているイメージで、自分の後頭部から腰までが一本の棒になるように、ときどき姿勢を意識してください。同時に、左右の肩の高さも同じかどうか確認するとよりいいですよ。

 

とにかく意識することが大切です。気がついたら、背中をピンとまっすぐに直してみてください。

この意識をしてみるだけでOK。「腰痛はもう治らない」などとあきらめる前に、正しい姿勢を始めていきましょう

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です